妖怪いびきじじい

私が勝手に名付けたので妖怪図鑑には載っていない・・・と思う。

この妖怪は深夜ぐっすりと眠り込んでいる時に限って現れる。そのけたたましい音にこちらはビックリして目を覚まし、退治すべく足でチョンチョンとつついてみる。だが敵もさる者、チョンチョンくらいではびくともせず、更にけたたましい音を立てる。
眠りを妨害された腹立たしさを曲げた足に思い切り込めてもう一度・・・チョンチョンてなものではなくこの時はキック!である。
ここまでやるとこの妖怪はスゴスゴと去って行き、また平穏が訪れ私も再び眠りにつく。

たまにこうやって妖怪に変貌する夫ではあるが、いないと寂しい。
無事に帰ってきてくれて、予想通りに妖怪に変貌してくれる。
これが我が家の日常なのだと思うと、キック!出来る事に幸せを感じるのだ。
[PR]
by hobomanzoku | 2010-04-01 01:05 | ちょっとした幸せ
<< 小鳥を探せ! 昨日も雨・・・今日も雨 >>