お見舞いに

具合の悪かったHannaは検査の結果ケンネルコフに罹っている事が判明したらしい。当分デイケアもお休みして自宅療養らしいので、飼い主さんとHannaを励ますべくお見舞いに行って来た。
おとなしくしている分には咳き込むこともなく、いつもと変わらず元気に見える。
a0130109_22171675.jpg

コレは最近のお気に入りらしく、やたらとケージの隙間に鼻を差し込む。この仕草をすると飼い主さんが「あら可愛いね!」と声かけるのでおもしろがっているのかもしれない。
a0130109_22194820.jpg

後ろ足を伸ばして寝ている姿を見るにつけ、犬ってこんな格好で寝てたっけ?と疑問が湧くのだが、可愛いからよしとしよう。

飼い主さんの動きをいつも目で追って、ちょっとでも姿が見えないと不安そうな顔をするHanna。
そんなHannaを一生懸命に世話する飼い主さん。その間には強く結ばれた絆が見えたような・・・。
Hannaと暮らすようになってからの飼い主さんは、愛情深くそして思いやりのある女性に成長したように感じる。

Hannaには人を優しくさせる力が備わっているんだね、きっと。
[PR]
by hobomanzoku | 2010-04-08 22:33 | 犬とふれあう暮らし
<< お花見だよ! 春の大掃除と酢の匂い >>