贅沢を覚えた舌

今頃?と笑わないでいただきたいのだが、「生キャラメル」なるものを初めて食べた。お土産にもらった花畑牧場の生キャラメル、あ~コレがあの噂のね~と一粒口に入れてみてあまりの柔らかさに驚いた!と同時に美味しい!もっと食べたい!と思った。
これはもう夫に連絡して成田でゲットせよ!という指令を出さねば・・・と、ロイズのポテトチップチョコレートオリジナルと共にお土産希望メールを送信した。

律儀な夫は成田を駆け巡り(と本人は言っている)私の希望を叶えてくれたのではあるが・・・。
a0130109_23155489.jpg

残念なことに花畑牧場ではなくKabayaの生キャラメルであった。カマンベールチーズを思わせるような木箱に入っているはずの生キャラメルはコンビニにありそうなちっちゃな袋入りだ。どうやら夫の行った店には生キャラメルと名のつく物はコレしかなかったらしい。Kabayaさんだって健闘しているのだろうが、まるで薬か何かのように薄っぺらく包装された姿はあまりにも花畑牧場と違い過ぎてちょっと悲しいのだ。
おそらく夫も生キャラメル初体験だったはずなのに初がKabayaさんのではちょっとかわいそうだ。木箱入りを食べさせてあげたいよな・・・。

悲しいといえば、私の舌は贅沢になったのだろうか?
ロイズのポテトチップチョコレートにキャラメル味やホワイトチョコレート味があるそうで、私のロイズ好きを知る家族がお土産に持たせてくれたのであるが、どうにもこうにもホワイトチョコ味に馴染めなかった。
ひと箱平らげて言うのもなんだが、何かが違うのだ。
で、やはりオリジナルを食べなきゃね・・・と思い立ち、夫に買って来てもらい食べたのだがやはり何かが違う。
チョコレートが以前ほど美味しいと思えなくなった。
味が変わったのかな?私の味覚がおかしいのかな?と色々考えながら食べ続けていたらムネヤケしてくる始末であった。
ロイズのポテトチップチョコレートはもっと美味しかったはずなのに・・・どうして?

もしかして、ニューヨークの洗練された美味しいチョコレートに馴染みすぎ?でもそう考えれば納得がいく。
贅沢を覚えてしまったのである。
成田を駆け巡り買って来た夫や、喜ぶだろうとお土産を持たせてくれた家族はこんな私に呆れていることだろう。もっと喜べ~!と怒るかもしれない。

ごめんなさいね・・・悪いのは私の舌です、贅沢を覚えちまった私の舌です。
[PR]
by hobomanzoku | 2010-05-20 00:01 | 美味しいもの
<< 126 ダルダル >>