コレあたしの!

a0130109_22315110.jpg


見てやって下さい、この気の強そうな顔を。

私が考えに考え抜いて仕上げた作品を、コイツは自分に与えられたエサだと勘違いしているとしか思えない。
緑のフサフサした花のような葉のような実のような・・・とにかくコレにしがみつき無心に食べている。よほど美味しいのか、なかなか離れないので「さ、こっちへおいで」と手を出したら「キキッ!」と怒りの声で威嚇してきた時の顔がこれなのだ。
確かに小鳥の好きそうな形状の葉っぱである。

作品の写真は撮ってあるから、もうこうなったら好きなだけ食べるがいいさ!と放っておいたら鳥カゴから出る度にのっかって食べている。
我が家はこんなものだらけだ。窓辺に置いたローズマリーもパセリもタラゴンもタイムも、今や小鳥のエサとなりたまに料理に使わせていただいているという感じなのだ。
パセリに至ってはちょっと成長すると小鳥に食い尽くされるので、近頃は2センチ以上になった姿を見たことがない・・・というか、パセリかどうかも分からない姿になっている。
挙句の果てに、金運向上を願って置いた「金の成る木」まで食べるので、さすがにコレだけは小鳥の手の届かない所へ避難させている。
小鳥についばまれた痕の残る「金の成る木」では金運の向上は望めそうにない気がするからだ。

昨日などは、フト見ると顔中土まみれになっていた。
ハーブだけでは満足出来なかったのか、鉢の土にまで手をイヤイヤ、くちばしを出していたのだ。もうそこらへんの野鳥のような小汚さにこちらはガッカリである。

少しばかり自由気ままにさせ過ぎたのかもしれない・・・。
[PR]
by hobomanzoku | 2010-07-12 23:04 | 小鳥のいる暮らし
<< 晩御飯におはぎ? ガガと小鳥と二把そうめん >>