24㎡

24㎡に生活に必要な全てが収まっている空間とはどのような感じなのだろうか?
特別広い家に住んでいるわけではないが、天井が高いアメリカのアパート暮らしを数年経験している身には24㎡の広さ・・・いや狭さと言うべきか・・・がいまひとつピンとこない。

間取り図を見る限り、縦長のその部屋には風呂はもちろんのこと、ミニミニキッチンとミニミニ冷蔵庫に洗濯機まで見事に巧く配置されていて暮らしに不便はなさそうに見えるのだが、24㎡というのは一般的なホテルのシングルルームよりは広いのだろうか?
謎は深まるばかりである。

そんなに気になるのなら測って見ればいいか・・・と思い立ち、我が家のリビングルームの床に巻尺をあててみた。
4メートル×6メートルまたは3メートル×8メートル・・・イザ測ってみると以外に広いような気もしてくる。
だが3メートル地点に壁があることを想像すると、圧迫感を感じるような気もしてくる。
余計分からなくなってきた。

ただでさえ数字に弱くて、直線距離ですらよく分からないのだから無理もないか・・・。
[PR]
by hobomanzoku | 2010-08-04 23:30 | あれこれ
<< 白くまピース とある日の昼下がり木陰で >>