お誕生日の1日

誰かに何かをしてもらう・・・って、とっても嬉しいものだ。

夫からそして離れて暮らす家族から「お誕生日おめでとう!」と言ってもらった。
Hannaの飼い主さんである家族は夜勤明けにもかかわらず、「何時でもいいからHannaに会いにおいでよ」と誘ってくれた。思う存分Hannaをいじくり回した後は、誕生日祝いのひとつとしてスパに連れて行ってくれたのだ。

スパでフェイシャルエステなんて何年ぶりだっただろうか。あまりに昔の事過ぎて勝手が分からずドキドキしてしまった。心地良い音楽が静かに流れ照明を落とした部屋のソファで始まるまでくつろぐのだが、何せ慣れないものでウロウロしてしまう。
真っ白なローブに身を包み、お水のグラスを傾けながら待っていたのだが、朝から花粉症のクシャミ連発が続いており、とても優雅さとは程遠い。だが、いざベッドに横になりケアが始まるとクシャミも鼻水も出なくなった。
花粉症のヤツも心得たもんである。

エステティシャンの優しい手の動きと暖かさはホント気持ち良かった~。
いつも自分でペペッと塗ったくるのとは全然違う。人にやってもらうってどうしてこんなに気持ちいいのだろうか。やみつきになりそうである。

夜は私のリクエストにより焼き鳥屋さんでの食事だ。
焼き鳥屋って言ったって、サラリーマンが仕事帰りに一杯ひっかけながら、グチをこぼしつつ食べる焼き鳥とはちょっと違う。
おまかせで頼むと手の込んだ小皿料理とともに新鮮な鶏肉を使った焼き鳥が1本ずつ出てくる。気取った感じで行きたい店なのである。

お顔はツルツルになり、お腹は満腹になり、こんなに幸せな誕生日を迎えられとてもとても嬉しかった。
みんな、どうもありがとう!
[PR]
by hobomanzoku | 2010-09-17 08:27 | ちょっとした幸せ
<< Central Park Zoo University Opto... >>