「立てる」にこだわらない

最近始めたお絵描き用のえんぴつとペンをキャンドルを使い終わった後のグラスに立てておりました。

ところが、これがどうにもこうにもしっくりこないのです。

もともとペン立てではなくキャンドルホルダーな訳で、ペン立てとして使うにはちょこっと高さが低く消しゴムとえんぴつ削りを入れると取り出しにくい…のは当たり前なのですが。

何かピタリな物はないかな?と家の中を探すのですが、高さがナイスなら口が広過ぎと、帯に短したすきに長し状態。

これはもうペン立てと称して売られている物を買うしかないなと思った矢先、ひらめきました!

寝かせりゃいいのです。
それなら我が家の食器棚で出番無くくすぶっているのがあります。
a0130109_636786.jpg

昔揃えたキャンドルウイックの楕円の皿

コレ使えるんじゃないの?と試しにえんぴつを寝かせたらピタリです。消しゴムもえんぴつ削りも収まり取り出しやすいし。

これでまたひとつスッキリです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by hobomanzoku | 2012-02-17 06:22 | 生活向上委員会
<< 花を飾ってお出迎え… グローバルの包丁 >>