憧れのメガネのいらない生活

ド近眼というほどではありませんが、裸眼で生活は出来ません。

そしてまた、予備のコンタクトレンズが無くなり処方箋の有効期限も過ぎてしまい、今週中にはどうしても眼科に行かねばならない!という切羽詰まった状況になり、今日チェックアップに行きました。

前回処方してもらったレンズで何の問題もないのですが、一通りの検査は必須ですから2時間弱かけて、アルファベット読まされたり、上見て、下見て、斜め上見て…と目の玉動かし続け、瞳を大きくする目薬さされて40分じっと待ち、まぶしい光に耐え、全ての検査を終えてようやく1年間有効の処方箋ゲット。

目薬のせいで霞がかかったようなよく見えない目で町をとぼとぼ歩きながら考えました。
眼科に行く…って雛人形出すよりはるかに面倒やな…と。
シャツのボタン付け、アイロンかけなどなど、日頃面倒だと感じる事の中でもダントツ面倒やなと。

ならばメガネにすれば頻繁に検査に行かなくてもいいのでしょうが、イヤなんです。

メガネをかけていると夫が言うのです。
「よく似合うよ。賢そうに見える!」

賢そう…って。

アホやけど…という言葉に続くとしか思えませんもの。
a0130109_6592959.jpg

これ無しで、賢そうと言われてみたいもんです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by hobomanzoku | 2012-03-02 07:04 | あれこれ
<< きょうのお弁当 たっぷりのオリーブオイルでじっ... >>