おかあさん

今日が命日だった事を昨夜フト思い出した。
あれから7年の月日が流れたのだが、最後の時の事は今でも鮮明に浮かんでくる。
私の対応が果たして正しかったのか・・・未だに分からずにいる。
どうしていればおかあさんは人生の締めくくりを納得して迎えられたのだろうか・・・と
フォトスタンドの中で微笑んでいる写真に尋ねてみたりもする。

いや、それ以前にもっともっと心を開いてお付き合いするべきだった。
嫁という立場が自分の心に壁を作っていたんだな、きっと。
その壁があったばかりに病気の真実を知りたいと言われた時に真実が伝えられなかった。
あの日、おかあさんは私に心を開いていたはずなのに。

私の好きなStar of Bethlehemの花をおかあさんへ・・・。
a0130109_235601.jpg

[PR]
by hobomanzoku | 2009-06-24 23:57 | 想い出
<< かわいい子犬たち 床に鍋 >>