園田ゴンゾウとこんにちは根岸

子どもの頃、毎週土曜日の午後は「吉本新喜劇」を見てその後「松竹新喜劇」を見るというのが
あたりまえだった。
吉本でばかばかしいギャグに大笑いし、松竹で藤山寛美のおもしろくてホロリとくる演技を堪能する。
当時の関西の子どもならたいていそうだったと思う。

そんな中で育っているのでついつい話にはオチを求めてしまうし、自分の話で人が笑ってくれること
に喜びを感じる。
笑える話になるようにちょっとばかしの脚色を加えて話す関西人の悲しい性もしっかり身につけて
いる。

夫からは「君の頭の中の8割はお笑いが占めてるね」と言われるが、そう言う夫の頭の中もかなり
お笑いの要素が詰まっていると思う。

その証拠に「こんちは~」って言うと大笑いする。
園田ゴンゾウ調でしゃべった時には通じなかったのがおしいけどね。
[PR]
by hobomanzoku | 2009-07-17 04:07 | あれこれ
<< 幸せになる いらない >>