そらまめ

私の夫は優しい、優し過ぎる……というか私はかなり甘やかされている気がする。

たとえば、半日パソコンの前に座り半日小鳥と遊んで過ごしたぐうたらな4日間についても何も言わない。
ぐうたらなのはこの4日間に限ったことではないので、もはや諦めているのかもしれないが。

稼ぎが無く、生活を共にするパートナーという意味ではどうなの?と思われる「専業主婦」の私に働く事を
強制する事も無く自由にさせてくれる。
この点についても実はかなり諦めが見え隠れするのだが。

たいした意味の無いどうでもいいような私の話にもちゃんと耳を傾けてくれるし、何のためにもならないこの
ブログにも毎日目を通してくれおもしろがってくれる唯一の読者だ。

毎日作る地味な、そして時々手抜きだったりするお弁当も喜んで食べてくれ「ありがとう」と言ってくれる。

そんな夫といると私はそらまめになったような気がする。
大きなそして強いサヤの中でフカフカのクッションにくるまって育つそらまめだ。
まめはいつもさやに守られながら大きく成長する。

私はそらまめのように成長しているのかな?
いや、体の成長ではなく人間としての成長の意味で。
ただフカフカのクッションの上で胡坐をかいているだけのまめになってはいないかな……?

布団を蹴散らかして大の字になって寝ている私に、そっと布団をかけてくれた夫の優しさに目が覚めた
明け方、そんな事を考えた。
[PR]
by hobomanzoku | 2009-08-29 06:45 | ちょっとした幸せ
<< 「めがね」を観て黄昏て Up a parts >>