ミクロワールド

基本テレビジャパンというのはNHKの番組で成り立っているので、それが好みかどうかは別として私はNHKの番組を毎日見ていることになる。

その中に「ミクロワールド」という5分程度の番組があるのだが、これがそこまで見せてくれなくてもいいよとツッコミたくなるほどミクロの世界を見せてくれる。
昨日は「ヤマビル」であった。キルビルではない・・・ヤマビル。山間の湿地に生息している蛭だ。
そのヤマビルの体の成り立ちから人の血をたんまり吸って数倍に膨れ上がった様子までを事細かに説明してくれ拡大映像をみせてくれ、蛭好きにはたまらない5分だったことだろう。
さほど蛭好きではない私ですらヤマビルについて詳しくなってしまい夫に切々と語ってしまった。

ヤマビルの顎はYの字になっていてそこに鋸状の歯がびっしり生えている。その歯で傷をつけて血を吸うのだけれど、その際吸われる側が痛くないように「ヒルジン」という物質を出すのだそうだ。麻酔みたいなものなのだろうか?血が固まらないようにする作用もあるらしい。
そうやって気付かれることなくたらふく血を吸うのだが、吸いながら血液中の成分だけを取り込んで水分は出すという凄腕の吸血鬼だ。たらふく吸ったら1年位は生き延びられるらしいから本物の吸血鬼だ。
気になったのが「ヒルジン」という物質で、それは何か医療の役には立たないのだろうか?
ちょっと検索してみようかな。

こうやってまたヤマビル通になっていくに違いない。
[PR]
by hobomanzoku | 2009-10-01 00:52 | あれこれ
<< おいしいお茶を・・・ 遥かに遠きラスベガス >>